• 生 吉村

野馬土手がついてくる


暗渠データで協力した『千葉凸凹地図』(昭文社)、発売となりました。


以前から収集していた暗渠データのほか、新規開拓もおこなう必要があったため、千葉のあちこちに行っていた。とにかく谷に行き、あるいは古地図を見て実地にゆき検証した。


後半戦に入った頃だろうか。それまで全く気にならなかったあるものが、急に、気になるようになってきた。


「野馬土手」である。


千葉における、ひとつの名物に違いない。江戸幕府の作った馬の牧場である。(詳しい説明は次回にでもおこなうことにする。)


なぜ気になるようになったかというと、わたしが千葉において、「この場所は良いな」と思った地点に、思い返せば野馬土手がある場合が結構あったからだ。


ここは開渠だが、背後の弁天神社と、付近の地形があまりにも素敵で、気に入っている場所の一つ。南柏にある、名都借弁天だ。

『暗渠パラダイス!』を書いた時、知人に紹介いただき、柏の古老にインタビューをした。その古老が、付近のことを色々と教えてくれて、その日は案内できないけどあそこはとても良いからいつか、と言っていたのがここだった。


初訪問時は黄昏時だったのだが、それが最高の演出となって、わたしはこの場所の虜になった。眼前にひろがる低い農地、その真ん中に島のように弁天社があり、水路が取り囲み、そのすべてがオレンジ色に光っている。

あとで考えると、わたしは野馬土手の上に立って、ここを見下ろしていたのだった。


その水路は脇に土手を伴いながら、南柏駅に向かって進んでいく。そこは柏市と流山市の市境になっていて、


松ヶ丘野馬土手と呼ばれる、千葉の中でも最大級に保存状態の良いものである。

柏の古老は、この松ヶ丘野馬土手も解説付きで一緒に歩いてくださった。のだが、当時のわたしは写真に撮っていなかった。この写真は再訪時なのだが、やはり野馬土手の本体をきちんと撮ってはいない。地元の方のページだろうか、実物はこんな感じ。


弁天神社の素晴らしさを伝えるべく、後日高山氏を案内しているのだが、その際に「やばどて」と連呼していたくらい、読み方さえも覚えていなかった。(「のまどて」と読む。)


最初はそういう、”地元の有名な何かだが、自分にはあまり関係のないもの”という位置付けだったように思う。(すみません。)


ところが、だ。もうひとつ、流山で出会った坂川支流の素晴らしい風景。ここも、



見た目が良いだけでなく、コンクリ蓋の下を音をたてて湧水が流れていて、「あじさい通り」と呼ばれていて、季節になれば紫陽花が見事だという。なんという特等席。


その紫陽花の土手が、野馬土手だということを、後から資料で知った。


また野馬土手。なんだか、自分の行くところに、野馬土手がついてくるような気がした。


それから、暗渠ではないが、柏駅前にある非常に雰囲気の良い飲み屋。



これも『暗渠パラダイス!』の取材時に見つけ、たいそう気に入り、絶対に飲みに行くぞと心に誓い、わざわざ桜の季節まで待って飲みに行った。



非常に良かった。

そしてこの飲み屋もまた、野馬土手沿いなのである。


ここは土手はすでに残ってはいないが、柏駅前は、実は野馬土手の宝庫である。この先にのびる飲屋街のラインは、野馬土手の名残なのだった。


他にもある。『千葉凸凹地図』のための新規開拓でくぬぎ山駅付近の暗渠を確認しに行ったが、ここがなかなかすごかった。


駅から1分で暗渠!


ここも極上と思っているものの一つ。で、この少しだけ下流沿いに、なんだかとっても違和感のある、薄い壁に囲われた石碑群があって、



なんだかとても強い引力があった。

全ての石碑を見て写真に撮ってはいたのだが、この中に野馬関連のものがあるということが、最初はあまり大したことに思えていなかった。多分、隣にあった馬頭観音と同じような扱いだったのだと思う、自分の中で(馬頭観音も好きなんだけれど)。


再訪し、ふたたび覗き見て、



うわああああ野馬って書いてあるーーーー!!


と、なったのであった。


この「野馬観世音供養塔」は、初富で行われていた「野馬観音講」とかかわるものでかなり希少。千葉であっても、馬頭観音は多いが、野馬観音と書かれたものはまだ他に見つけていないし、「講」になっていたとは。


もうひとつ。

根郷川の上流端である貝殻山公園は、「動物を捨てないで」とか「粘土を捨てないで」などという看板が相次ぐ強烈なスポットだった。



色々あったんだろうな、、、などと思いながら通り過ぎつつ、馬の銅像が主張の強い感じで置いてあったので、一応写真に撮った。



その後使うこともあるまいと思っていたが、これも野馬土手関連だった。



なんということだろう。暗渠を追いかけて行動しているわたしが、ちょっと気にいる場所があると、そこに野馬土手があると判明、ということが連続する…


野馬土手に追いかけられている。そう、感じた。


それで、こんな本を買ってしまった。





絶版であり、割とえげつない値段で取引されていたが、それでも買うことを決めた(研究費で落ちないのに、だ)。

野馬土手にはまりつつある自分がいる。暗渠用の紙の地図に、明治の地図から野馬土手もプロットした。暇があれば千葉に行きたくなってしまっている。しかしどうも、有名どころの野馬土手はそんなにそそらない時もあるし、「探す段階」や「それっぽいが裏付けなし」のような時が一番たのしい気がしている。途中ではあるが、数は集まってきたので…自分は野馬土手の何が好きなのか? 野馬土手とはどういうものなのか? 探すことがどのように楽しいのか?…何回かに分けて、記述していってみたいと思う。


閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示