• 生 吉村

ロケ地(特撮)&水路上(暗渠)トークのお知らせ

更新日:9月24日

現在、高島平にてふたつの水路上観察入門展を開催中です。見に来てくださったみなさま、ありがとうございます。


「高島平×水路上観察入門展 特別企画1」であるトークイベントが今週末なので、改めてお知らせします。



「水路上(暗渠)」と「ロケ地」で読み解く高島平」

9/25 17:00-19:00

オンライン配信(無料)

​こちらに接続すれば見られます!

登壇者

yart先生(「ロケ地大画報」)

モリリン(「ロケ地まち案内」)

F(「不思議コメディー+αと東京の風景」)

高山英男(暗渠マニアックス)

​吉村生(暗渠マニアックス)


特撮作品のロケ地について、丹念に丹念に探求されてきた方々とのコラボです。

この5人でどんなお話をするか、と言いますと・・・


・水路上観察のたのしみ方

・ロケ地のたのしみ方


の話から、高島平にフォーカスして、





・水路上観察的高島平の変遷と見どころ


を吉村が話すのですが、中流部、上流部も含めての「前谷津川」の話が外せない。なので、前半では暗渠の話を結構します。多分、今回の展示内容とも、これまで書いてきた前谷津川の原稿などとも、ちょっと違う話を。


そして本命、


・ロケ地的高島平の見どころ


の時間を多めにとってあります。

サンバルカン、ギャバン、ポワトリンにトトメス!見てましたよー!あれ高島平だったのか…!!

記憶が怪しい人や作品を知らない人は、予習的に、フライヤーに書いてある作品を見ておいてもいいかもしれませんね。あるいは、話を聞いた後に作品を見ると、また面白いかも。


で、このセクションは単にロケ地紹介をするに止まらず・・・の、熱い構成になっています。

前谷津川の話は一体どうなる?とお思いかもしれませんが、どうぞ最後まで聞いてみてください。


これらの話を聞いた後に高島平や前谷津川を歩けば・・・きっと、さらに違う風景も、見えてくるはず!


youtube配信となりますが、リアルタイムで聴ける方は、ぜひ懐かしの作品が出てきたらワイワイとコメントを入れてくださったり、不明点について質問してくださると、より盛り上がると思います。

ではでは、土曜日に。ぜひおたのしみください。



196回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示